印刷技術
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 課題解決事例
  4. ロゴマーク、シンボルマーク作成及び運用のソリューション

課題解決事例

ロゴマーク、シンボルマーク作成及び運用のソリューション

ロゴマーク、シンボルマーク、企業ロゴ、ブランドロゴ、商品ロゴを作成する際によく困ること

①VI(ビジュアルアイデンティティ)の設定が曖昧なままロゴを作成し、社内・社外共にブランドイメージの浸透を図ることができなかった。

②VIの設定をしっかり行いマニュアルも作成したが、実際の使用場面(名刺、封筒、カタログ、看板など)でVIマニュアル通りの表現ができない。

それぞれの原因

①VIマニュアルの作成をしなかった。もしくは作成したとしても詳細に作成しなかった。

②実際の使用場面における見え方の違いを想定していなかった。もしくは、想定していたが、各種作成物を作る際に、思い通りに色表現できなかった。

当社のソリューション

①当社のデザイナーが、ロゴ作成はもちろん、希望によりVI(ビジュアルアイデンティティ)マニュアルも作成します。

②VIマニュアルで設定した通りの色で印刷物を提供します。色調の繰り返し再現性を担保できる当社独自技術を使って印刷(校正時も)するため、VIマニュアル作成時に色決めする際だけでなく、実際の印刷物を作成する際にも指定した通りの色で印刷物を作成可能。

当社のソリューション

高度なカラーマネジメント技術による印刷ソリューション
色調を安定的に提供する印刷管理ソリューション
色のばらつきを数値とともに見える化し比較検証当社独自の測定法で「正しい色」を特定
キャラクター入り名刺の擦れ・汚れ、納期短縮及び色調安定を実現
当社の作成物一覧