印刷技術
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 課題解決事例
  4. 広演色インキの活用

課題解決事例

通常の印刷インキで再現できない色調を
広演色インキの活用で忠実に再現

クライアントからの相談内容

某グローバル企業のキャンペーン案件においてポスター等の印刷物を制作しているが、掲載している商品の色が正確に再現できず、品質管理担当者からOK が出ない。

エイト印刷の解決内容

潜在的な課題の発見

印刷物ではなく、実物の商品の色合いを分析したところ、そもそも通常の印刷インキでは再現が困難であることが判明した。

通常の印刷インキでは難しい高色域の色再現が可能な「Kaleidoインキ※」の使用を提案。製造コストの面においても、修正を繰り返す従来のプロセス4cインキ+補色での印刷よりもトータルでコストの最適化を図ることができた。

プリペイドカードのデジタルデータをKaleido インキ用に再調整。テスト印刷を繰り返したのちに、最適な色での再現が可能となった。
※Kaleido インキは、東洋インキ(株)が販売する「4Color 広演色インキ」です。

通常の印刷インキで再現できない色調を広演色インキの活用で忠実に再現

課題解決によって起きた事象とクライアントの反応

Kaleido インキの適切な活用によってクライアントの求める「好ましい色」を再現することができ、某グローバル企業の品質管理担当者からも了承を得ることができた。結果、デザイン制作から一貫した印刷発注をいただいている。Kaleido インキに関するノウハウがあるのはもちろん、そのインキを活かすためのデジタルデータの調整技術、さらに色調を数値化して管理する「QC 鳥瞰図管理法」の運用によって、その後も継続してクライアントから信頼を得ている。

※常盤台工場は、カレイドインキ認証を取得しています。