印刷技術
  1. ホーム
  2. 印刷技術
  3. QC鳥瞰図管理法

QC鳥瞰図管理法

色彩科学の世界で代表的な“マンセル表色系”を基軸にした“QC鳥瞰図”という専用の色度図上で印刷物のハイライト (H)・中間 (M)・シャドウ (S)‐3点のグレーバランスを最優先して制御する世界唯一の印刷色調評価・管理システムです。

従来のベタ濃度・ドットゲイン中心の管理法に比べ、見た目の評価とよく相関する数値管理システムであることも検証されています。

弊社では、ジャパンカラー認証基準値の他にグローバルに普及しているISO12647-2やGRACoL/G7(北米)規格値との整合性も包括して品質管理を行っています。

※本システムの開発者で(学)日本プリンティングアカデミー(JPA)名誉教授(前学校長)の濱照彦氏をテクニカルアドバイザーにお迎えし、検証と実用ノウハウを蓄積しています。

本機校正への適用のメリット

“QC鳥瞰図”は、野球に例えれば“ストライクゾーン”で、印刷色調再現の普遍の評価基準になり得ます。本機校正に適用することにより、色調再現は常に基準内(ストライク)であることを客観的に確認することができ、発注者にとっては色校正のポイントが明確になります。

本刷も同一の“ストライクゾーン”をターゲットにすることで校正刷との色調差を極小(ストライクゾーン内)に制御することが可能になります。

QC鳥瞰図管理法に関するお問い合わせ

業務管理部 電話:03-3814-8145

 

QC鳥瞰図